2018/01/17

研究活動発表会を開催します(2月8日,市役所講堂)

広島市役所2階講堂において、第14回 安佐動物公園・植物公園・こんちゅう館 研究活動発表会を行います。各園館の最新の調査研究成果を報告します。当園からは日本最大となるオーストラリアバオバブの導入について報告します。申込不要ですので、お気軽にご参加下さい。
  • 日時:平成30年2月8日(木)14時~16時
  • 会場:広島市役所2階講堂(駐車場に限りが有ります。公共交通機関でお越しください)

発表内容(要旨PDF)

  1. ”地中型巣箱”により成功したツクシガモの自然繁殖”
    (安佐動物公園 安西航)
  2. こんちゅう館における蝶の飼育展示について
    (こんちゅう館 藤井智展)
  3. 日本最大となるオーストラリア・バオバブの大温室導入
    (植物公園 堀川大輔)

周辺地図


2018/01/15

園長のおすすめ(1月15日号)


ソシンロウバイ(Chimonanthus praecox (L.) Link  f. concolor Makino)

明治時代に中国から渡来したとされるロウバイの園芸品種。
花の中心が紫色のロウバイと異なり、花全体が黄色くなります。
植物公園内では、新年最初に花開く花木です。
(園内位置:芝生広場上段奥)

シモバシラの氷柱

シモバシラは、シソ科の植物です。
冬になると、よく冷えた日の早朝に、茎の割れ目から
しみでた水分が凍って霜柱が出来ることがあります。


1月15日早朝 花の進化園にて撮影
自然現象ですので、いつでも見られるわけではありません。
夜間晴れて、気温が氷点下になり、一面に霜が降りている
ような寒い日の朝がチャンスです。できた霜柱は日が
当たって氷がとけるまでのはかない現象です。
寒い日の朝、8:30~電話連絡していただければ
確認できます。
 
;